Q57.あなたは思い立ったら吉日で即実行に移すタイプですか?

なかなか着手出来ない人の中に完全主義者の人が多くいます。天の時、地の利、見方の士気などすべて揃わなければ開戦しないとの言い伝えがありますが、事ビジネスに限っては、早くやったもの勝ちです。

何故かと言えば、着手してから状況が変るからです。第16章で見たように「拙速」か「遅巧」か、とどちらが良いかと聞かれると、私は拙速をとります。立派な戦略を立てても、状況や相手の行動で状況はどんどん変わります。どのような展開に成るかはまさに、「わらしべ長者」か「人生万事塞翁が馬」のようなものと思います。多くの成功者はその成功の原因を「偶然が幸いした」といいます。しかし、この奥に隠されている真実は、多くの着手をしたから偶然にも出会えた、と言うことではないでしょうか?

プロイセンの将軍モルトケが100戦100勝だったのは組織論が良かっただけではありません。彼は、戦争に際して作戦を立てず、真っ白の心で臨んだそうです。もちろん彼の頭の内科には何十通りの作戦が入っていました。しかし、事前にどの作戦をとるかを決めずに、戦争現場に出向いた時に、天気、敵の様子、見方の様子などを見てどの作戦にするのか決めるそうです。彼は、戦争は戦う内に戦況が変わることをよく知っていだと思います。

私の本業インターネットの世界も今プログラム言語はruby on Railsというフレームワークが急速に伸びています。Rubyという言語を使ったこのフレームワークの特徴は、それまでタブーだった、開発しながら考える、つまり仕様を決るのに時間をかけないでいきなり開発に着手する。作りながらどんどん変えていくのです。状況の変化に対応する為には準備無しでいきなり本番に突入する事が大切です。

第57条のまとめ
準備はほどほどにしてとにかく着手し、いろいろ試すうちに成功の女神はやってくる。

up

アーカイブ



howto

ソシュール理論による外国語学習法

英語が全く駄目だった筆者が言語学者であるソシュールにヒントを得て生み出した2年でTOEIC900点をめざせる全く新しいアプローチの外国語取得方法を紹介します。

髪林孝司プロフィール

髪林孝司

髪林孝司:
システム経営コンサルタント
職歴:
株式会社リクルート
(住宅情報事業部)
株式会社テレビ東京
(経理部、営業部、国際営業部、編成部、マーケティング部、イ ンターネット部などを歴任)

2001年
テレビ東京ブロードバンド企画設立
代表取締役社長就任
(主要株主;テレビ東 京、NTT東日本、シャープ、NECインターチャネル、集英社、角川ホールディングス、 小学館プロダクション、DoCoMoドットコム、ボーダフォン)

2005年
同社東証マザーズ上場

2006年
インターエフエム買収
代表取締役社長就任(兼任)
11年連続赤字累損22億の会 社を1年で4000万弱の黒字会社にターンアラウンド

2008年6月
テレビ東京ブロードバンド取締役退任

略歴:
札幌生まれ
趣味:
ロードバイク
中華料理(家族の食事は私が作っています)
タブラ(インドの打楽器)