上場企業の社長が鬱になりました

適度な負荷が回復に弾みを付ける。

三寒四温的な直り方をする鬱。回復期の前半は無理をしない事が重要です。そのうち、睡眠障害が無くなる。気分の落ち込みが月に2,3回まで減る。日中の気分変動が無い。自罰性が姿を消し自己肯定的になるなど安定してくるはずです。その際、実はある程度精神的、神経的負担、例えば仕事や勉強、スポーツなどで自分に負荷をかけた方がより完治に近づくことが分かっています。体の病気もある程度回復した後は歩く、軽い運動をする普通食を食べる、など体に負担をかけた方が日常への復帰が早くなると同じ理屈です。もちろん、まだ完治はしていないので無理は禁物です。仕事は一日8時間まで、週に2日は完全に休むなど制限を設けることは忘れてはいけません。

鬱の場合、この精神的な負荷とさらに軽い運動など肉体的負荷がバランスよくかかった時に最もスムーズに回復していきます。筆者もあらためて最近、負荷をかけて回復したのだと実感します。回復期の後半、自分への負荷を調整しながら完治を目指して下さい。

up

« | »



book

上場企業の社長が鬱になりました

アーカイブ



howto

ソシュール理論による外国語学習法

英語が全く駄目だった筆者が言語学者であるソシュールにヒントを得て生み出した2年でTOEIC900点をめざせる全く新しいアプローチの外国語取得方法を紹介します。

髪林孝司プロフィール

髪林孝司

髪林孝司:
システム経営コンサルタント
職歴:
株式会社リクルート
(住宅情報事業部)
株式会社テレビ東京
(経理部、営業部、国際営業部、編成部、マーケティング部、イ ンターネット部などを歴任)

2001年
テレビ東京ブロードバンド企画設立
代表取締役社長就任
(主要株主;テレビ東 京、NTT東日本、シャープ、NECインターチャネル、集英社、角川ホールディングス、 小学館プロダクション、DoCoMoドットコム、ボーダフォン)

2005年
同社東証マザーズ上場

2006年
インターエフエム買収
代表取締役社長就任(兼任)
11年連続赤字累損22億の会 社を1年で4000万弱の黒字会社にターンアラウンド

2008年6月
テレビ東京ブロードバンド取締役退任

略歴:
札幌生まれ
趣味:
ロードバイク
中華料理(家族の食事は私が作っています)
タブラ(インドの打楽器)