上場企業の社長が鬱になりました

扁桃帯は朝襲ってくる。

hカルト宗教教団が怪しい教義で新人信者を洗脳する際には対象者を眠らせないで、意識が朦朧としたところに繰り返し繰り返し刷り込むそうだ。意識がハッキリしていれば「待てよ、この教義は矛盾しているではないか」と気がつくような不完全な教えでも眠たくて意識が朦朧としているときには受け入れてしまうらしい。うつ者の場合はあたかもこのカルト宗教の様に「悲観的考え」が毎朝毎朝、自分を襲ってくるから適わない。

うつの悪役の「扁桃帯」。恐怖を発露するこの古い脳は、昼間は飼い主とも言える「大脳皮質」に従っているが、飼い主が手を緩める朝、起きがけに襲ってくる。朝、ベッドでうとうとしているときは、頭つまり前頭葉が働いていない。しかし、古い脳である扁桃帯は活動している。「ああお金が無い」、とか「自分はダメな人間だ」、とか「きっと今度の仕事はうまく行かない」、と言った取り越し苦労的考えは、目覚めていて頭がはっきりしていれば、「いやいや結構稼いでいるじゃないか」、とか「自分は失敗もあるが成功もある」、とか「今度の仕事で心配な点は先輩に相談してみよう」とか前向きな思考で打ち消せる。しかし、朝の意識が朦朧としている時は打ち消せない。無防備なのだ。

そのようなときは、どうすればいいのか。朦朧としているときにに知能を使って悲観思考を打ち消すのは難しいが、単純なキーワードを繰り返し唱える事は出来るものだ。悲観的な考えが浮かべば、根拠レスでも「自分は天才だ」、とか「俺はすばらしい」、とか簡単なフレーズを繰り返し繰り返し唱える。自分を肯定する暗示をひたすら念仏の様に唱えるのだ。効果はテキメンだ。

もともと朦朧としているので、複数の事を同時に考えるのは難しい。一旦唱え始めると悲観思考が陰を潜める。そして、しばらく自己暗示を繰り返すと刷り込み効果で悲観思考がおきにくくなるから一石二鳥である。

うつ者は幼少期の環境が原因で自己否定的な傾向がある。この自己暗示作戦は自己否定的傾向を緩和し、自己肯定的な基礎を作る手助けにもなる。

up

« | »



book

上場企業の社長が鬱になりました

アーカイブ



howto

ソシュール理論による外国語学習法

英語が全く駄目だった筆者が言語学者であるソシュールにヒントを得て生み出した2年でTOEIC900点をめざせる全く新しいアプローチの外国語取得方法を紹介します。

髪林孝司プロフィール

髪林孝司

髪林孝司:
システム経営コンサルタント
職歴:
株式会社リクルート
(住宅情報事業部)
株式会社テレビ東京
(経理部、営業部、国際営業部、編成部、マーケティング部、イ ンターネット部などを歴任)

2001年
テレビ東京ブロードバンド企画設立
代表取締役社長就任
(主要株主;テレビ東 京、NTT東日本、シャープ、NECインターチャネル、集英社、角川ホールディングス、 小学館プロダクション、DoCoMoドットコム、ボーダフォン)

2005年
同社東証マザーズ上場

2006年
インターエフエム買収
代表取締役社長就任(兼任)
11年連続赤字累損22億の会 社を1年で4000万弱の黒字会社にターンアラウンド

2008年6月
テレビ東京ブロードバンド取締役退任

略歴:
札幌生まれ
趣味:
ロードバイク
中華料理(家族の食事は私が作っています)
タブラ(インドの打楽器)