上場企業の社長が鬱になりました

完治と思ってから3ヶ月間の過ごし方が重要。

完治したはずなの鬱を再発させてしまう人が散見されます。私の妻の友人もその1人です。私のウツが完治したなーと思ったのは2009年の11月頃です。その頃は翌年になったら早々に仕事を始めよう。自分でビジネスを起しても良いし、どこかやり甲斐のある会社に勤務してもいいなーとおもいました。あるきっかけである外資系の責任あるポジションをやらないかとのお誘いを受けまいsた。そのときは、以前のブログで書いた、人工甘味料による揺り戻しが来ていた頃だったので、結果双方とも見送ろうと言うことになりました。そのとき内心ほっとしたのを覚えています。そう、完治したナーと思っているのは、実は完治ではなくいわゆる寛解の状況で、傷でいえばかさぶたの状態です。ちょっと無理をすればまたすぐ傷口が開く。かさぶたの状態で月金のフル活動はややリスクがあると思います。その後私は自分でコンサルタントの仕事をゆっくりとやり始め体調が思わしくない時は休んだりしながら社会に復帰していきました。徐々にと言うところが肝心です。

休息していたところ、急に責任ある仕事に就くのはやはり精神的にも体力的にもきついはずです。出来れば3ヶ月ほどの調整期間が必要です。転職しないで、元の職場に戻る場合は、会社の了解を得て、最初は午前中だけとか週3-4日とか、慣らし運転の期間を設けるのが肝心と思います。

up

« | »



book

上場企業の社長が鬱になりました

アーカイブ



howto

ソシュール理論による外国語学習法

英語が全く駄目だった筆者が言語学者であるソシュールにヒントを得て生み出した2年でTOEIC900点をめざせる全く新しいアプローチの外国語取得方法を紹介します。

髪林孝司プロフィール

髪林孝司

髪林孝司:
システム経営コンサルタント
職歴:
株式会社リクルート
(住宅情報事業部)
株式会社テレビ東京
(経理部、営業部、国際営業部、編成部、マーケティング部、イ ンターネット部などを歴任)

2001年
テレビ東京ブロードバンド企画設立
代表取締役社長就任
(主要株主;テレビ東 京、NTT東日本、シャープ、NECインターチャネル、集英社、角川ホールディングス、 小学館プロダクション、DoCoMoドットコム、ボーダフォン)

2005年
同社東証マザーズ上場

2006年
インターエフエム買収
代表取締役社長就任(兼任)
11年連続赤字累損22億の会 社を1年で4000万弱の黒字会社にターンアラウンド

2008年6月
テレビ東京ブロードバンド取締役退任

略歴:
札幌生まれ
趣味:
ロードバイク
中華料理(家族の食事は私が作っています)
タブラ(インドの打楽器)